慢性的な腰痛が塚口の整体であっという間にスッキリ【よしもと整体院】

query_builder 2021/09/01
各症状について
腰痛8

腰が楽になると日常が快適に

あなたは今、つらい腰痛を抱えてはいませんか?

腰痛になると仕事、家事、育児、に身が入らなくなりますよね。

それだけじゃなく、休日に遊びや買い物に出かけたりといった娯楽も心から楽しめなくなってしまいます。

そうなると毎日がつらくなるので気が滅入りますよね。

そんな、毎日続く腰の痛みでお悩みならば、ぜひ塚口のよしもと整体院の腰痛を根本からケアする整体を受けてみませんか?

当院のつらかった腰痛がスッと楽になる整体を受ければ…

仕事のパフォーマンスが向上、日常を快適に動くことができ気分爽快、痛みがとれてストレス発散

このような明るい未来をお望みならば、ぜひ最後まで読み進めてください。

腰痛になる原因とセルフケア

骨盤の傾き

まず、腰痛になる原因として一番考えられるのは、骨盤が傾いたり、元の位置からずれたりすることがあげられます。

骨盤が歪む要因としては、骨盤自体が歪むわけではなく、太ももの筋肉・おしりの筋肉・腹筋・背筋の緊張のバランスが崩れるためです。

特に腰痛を感じる際、お腹がポッコリでているような体型のときは、骨盤が前に傾いています。

逆に背中が極端に猫背になっている場合は、骨盤が後ろに傾いています。

そして、立ったり座っている時に体重を乗せていることが多い側に骨盤がずれて、体重をあまりかけていない方に傾いてきます。

このようなパターンで骨盤に歪みが生じると、腰の骨に圧力がかかり、骨と骨の間が狭くなって筋肉を必要以上に緊張させてしまいます。

そのため、骨盤の歪みをセルフケアするには骨盤周りの筋肉のバランスを、トレーニングやストレッチで整える必要があります。

股関節と胸椎の動きが固い

実は、腰痛は腰が直接の原因であることはほとんどありません。

ではなぜ腰が痛くなるのかというと、他の部位をかばって疲労がたまってくるためです。

特に重要なのが股関節胸椎(首の付け根から腰までの背骨)の動き具合です。

この二つの関節の動きが固かったりすると、全身を動かすときに本来動かなくていい腰の筋肉を使って体を動かしてしまいます。

これは『代償運動』と呼ばれるもので、代償運動を放置したまま生活を送っていると、知らず知らずのうちに腰に負担をかけることになり、疲労がピークを迎えるとひどい腰痛を引き起こします。

セルフケアとしては、股関節と胸椎の動きを良くするため、おしりと背中の筋肉をストレッチする必要があります。

腹圧の弱さ

運動不足の場合、腹圧が低下することによる腰痛が考えられます。

腹圧とはお腹を引っ込ませる力のことで、腹圧が弱いと腹部の内臓が引っ張り出されるため、体重が増えたりしなくてもお腹が出てきます。

腹圧に関わる筋肉は、腹筋と腰の筋肉です。

この二つの筋肉を鍛えることで腹圧を高めることができます。

腹圧が高まるとおなかと腰を締め付けるので、コルセットを巻いているような効果が生じます。

そのため、腰が安定して腰痛の改善と予防につながります。

膝や足首の古傷

スポーツや事故で膝や足首のケガをしたことがある場合、将来腰痛を引き起こす原因になることがあります。

関節は一度損傷すると元に戻ることはほぼないので、ケガ自体が治ったとしても不安定になってしまいます。

膝関節足関節をケガして不安定になってしまうと、体を安定させるのに腰回りの筋肉の活動が増えてしまいます。

これも、先ほど説明した代償運動と呼ばれるものです。

なので、過去に膝もしくは足首をケガをしたことがあり、現在腰痛になっているときは、先に膝・足首を安定化させるリハビリトレーニングが必要となります。

ご自宅でケアを図りたいというのであれば、スクワットがおすすめです。

腰痛になりやすい職種と対策

デスクワークなどの座り仕事

長時間のパソコン作業や車の運転など、座っている時間が長い仕事は腰を痛めやすいです。

なぜかというと、人間の体の構造上座っている姿勢というのは、腰の骨に大きな負荷をかけてしまいます。

さらに座っての前屈みだと腰に対して最悪です。

しかもデスクワークだとそんなに動かないので、筋肉がガチガチに固まってしまい、腰痛が慢性化してしまいます。

そうなると仕事がつらくなってしまいますよね。

そうならないために、座り仕事での腰痛予防を紹介します。

それは、仕事中こまめに体を動かすということです。

「そんなこと?」とお思いでしょうが、当院にお越しのお客様のお話をうかがっていると、意外とできていない方が多いです。

どうしても仕事中集中していると、何時間も座りっぱなしになってしまいます。

そのため、しっかり意識して取り組まなければなりません。

理想は1時間ごとに立ち上がって体を伸ばしたり、足を屈伸したりして動くことです。

これをすることで疲れがたまりにくくなり、腰痛の予防につながります。

介護・調理・美容師などの立ち仕事

長時間のあまり動かない立ち仕事や、仕事中前に屈むことが多かったりすると、腰痛になりやすくなります。

それはなぜかというと、疲労がたまって体のバランスが崩れ、悪い体勢で体が固定されてしまうためです。

そうなると腰痛だけでなく、体のあちこちに痛みやこりが生じてきます。

仕事中の対策としては、仕事中あまり動かないというのであれば片足を小さい台に乗せておくことです。

こうすると腰についている股関節の筋肉を緩めることができるので腰の負荷がだいぶ減ります。

仕事中動き続けるというのであれば、体の使い方を意識する必要があります。

特に前に屈む動作をするときは、上体を前に倒すのではなく、スクワットするように足を使いましょう。

こうすることで腰に負荷をかけないで済みます。

慣れるまで大変ですが、慣れてしまえば腰痛を予防することができます。

子育てに関わること

子どもを抱っこする時間が多いと腰痛になりやすくなります。

わかりやすく説明すると、左腕で抱っこした場合、体のバランスを保つために右足に体重をかけます。

その姿勢でいる期間が長くなればなるほど身体に歪みが生じてきます。

産後に骨盤が歪んだように感じるのはこのことが原因です。

そのため腰痛にならない対策としては、子どもを抱っこするときは体を交互に使うことです。

でもこの対策は普段から意識していないと難しいと思われます。

なので、抱っこを補助するアイテムを使うことで体の負担を減らしましょう。

当院の整体で根本からケア

あなたの腰痛の原因を追究

では、よしもと整体院の腰痛を根本からケアする整体を紹介していきます。

まず当院では施術に入る前にヒアリングで、なぜ腰痛になったのか原因を探していきます。

その後体の状態を検査して、どの部位が腰痛を引き起こしているのかを突き止めてから施術に入っていきます。

腰以外にもアプローチ

ヒアリングと検査に関しては、他の整体院でも行っていることがあります。

しかし、当院の整体はヒアリングと検査から腰痛の原因をケアするだけでなく、その原因に関わる腰から離れた部位にもアプローチしていきます。

そうすることで腰痛を楽にするだけでなく、痛みが発生しにくい状態へと体を導くことで予防を図ります。

そのため、当院の腰痛改善の整体を受ければ、身体がスッキリしている期間がマッサージや整骨院と比べると長くなります。

あなたに合わせた予防のアドバイス

施術後、ご希望の方には腰痛のセルフケアや予防方法をアドバイスさせていただいています。

職場環境や家庭環境に合わせて最適な提案をします。

※ただし、あくまでご希望の方のみです

まとめ

慢性的な腰痛の解消にオススメ

慢性腰痛の改善に当院がおすすめなのは、なぜ腰痛になったのかを調べて原因を突き止め、その原因を生み出している部位にしっかり施術アプローチすることで、痛みを根本からケアするのと同時に、痛みを生み出しにくい状態に体のバランスを整えるためです。

そのため1回の施術時間はかかります。

逆に言えば、しっかり時間をかけて整体を施すことで一気に腰痛を軽減させることができます。

なので、仕事や子育てが忙しくて定期的に通うのが困難な方は、当院の整体は合っています。

整骨院では時間をかけての施術を行っているところは少ないですし、マッサージだと一時しのぎになることがほとんどです。

本当に体をスッキリさせたいというお考えならば、ぜひ塚口のよしもと整体院にお越しください!

ご予約方法

電話番号:080-5551-4833

エキテンからのネット予約は簡単です!

下記の『お問い合わせ』からもどうぞ!

ご予約お待ちしております!


最後までお読みいただきありがとうございました!

NEW

  • 塚口の整体院ならよしもと整体院へ【デスクワークにおすすめ】

    query_builder 2021/11/29
  • 塚口の整体でガチガチの肩こりがスッキリ改善【よしもと整体院】

    query_builder 2021/11/26
  • 塚口の整体で体をほぐせば頭痛が軽減【よしもと整体院】

    query_builder 2021/11/23
  • 塚口で猫背を改善する整体は【よしもと整体院】がオススメ

    query_builder 2021/11/17
  • 塚口の整体であなたにおすすめな【よしもと整体院】の特徴

    query_builder 2021/11/12

CATEGORY

ARCHIVE