塚口の整体でつらい腰痛の解消と予防【よしもと整体院】

query_builder 2021/08/19
各症状について
腰痛8

仕事をしていると腰痛になりやすい

あなたは腰痛がつらくて仕事に支障が出ていませんか?

腰が痛いと仕事に集中できないだけでなく、休みの日に出かけたり遊んだりすることが難しくなりますよね。

そうなると、ストレスが溜まって気分も沈みやすくなってしまいます。

痛みを何とかしようとして、湿布を貼ったり痛み止めの薬飲むこともあると思います。

しかし、そのような対処だと一時的には楽になってもまたすぐ元に戻ってしまいます。

そこで今回の記事は、よしもと整体院ではどのように腰痛を解消、予防するのかを紹介していきます。

当院の施術を受けていただくと、つらい腰痛のお悩みが解消します!

さらに、腰痛を解消するだけでなく、腰痛になりにくくなる対策や予防もアドバイスしています!

ぜひ最後まで読んでいただいて、ご参考になれば幸いです。



腰は他の部位をかばう

まず、なぜ腰が痛くなるのかを解説していきます。

腰に痛みを感じるときというのは、腰の筋肉がガチガチに緊張している場合がほとんどです。

つまり、腰の筋肉を使いすぎて疲労がたまっているということです

しかし、腰痛になるほどの疲労がたまっている場合、腰自体が原因ではありません

腰以外の部位の動きが悪かったり固まっていると腰がかばってしまうため、疲れがたまって腰痛になります。

例えば、股関節の動きが固いと、体を動かすときに本来股関節が動かないといけない動作で、腰の筋肉を使って動かしてしまう代償運動が生じます。

それが日常で繰り返されると腰に疲労が蓄積して痛みとなって現れます。


そのため、腰痛を改善するには腰だけを揉んだり湿布を貼ったりするのではなく、腰以外のどこが悪いのかを調べた上でアプローチしていく必要があります。

特に骨盤についている太もも、おしり、お腹の筋肉は重要です。

そして腰の動きに関わる股関節、膝、胸椎の動きも重要となります。

よしもと整体院では、ヒアリングでなぜ腰痛になったのか原因を追究してから最適な施術をご提供します。

腰の筋肉をほぐすのと、腰痛の原因にアプローチすることで根本から改善します。


仕事中の腰痛対策

腰痛は前屈みの姿勢を長時間維持したり、繰り返したりすることでなりやすいです。

特に気をつけないといけない職場はデスクワーク、介護、保育、調理、美容師です。

これらの仕事は前屈みの姿勢になりやすいため、仕事中姿勢に気をつけておかなければ腰痛になってしまいます。

では、これらの職種で腰痛にならないためにはどうすればいいのか紹介していきます。


①足をひらかない

立っている時や座っている時に、足を開いた状態でいると楽なのですが、骨盤が安定しなくなり腰に余計な負荷がかかってしまいます。

そのため、慣れるまで窮屈ですが足を閉じておきましょう。

閉じた状態でいると、動きにくさはありますが骨盤が安定するので腰に疲れがたまりにくくなります。


②上体だけを倒さない

よく腰を痛める人がやりがちなのが、上半身だけを前に倒す姿勢をとることです。

実はこの姿勢が腰に1番悪いです。

なので、上半身を倒さないといけない作業をしないといけない時は、膝を曲げてスクワットするように体を動かしましょう

こうすることで、足は疲れやすくなりますが腰痛はかなり軽減されます。


③おなかに力を入れる

少しコツはいりますが、仕事中腹筋に力を入れることで、自分の筋肉でコルセットを作り上げます。

そもそも、仕事で腰を痛める人は腹筋が弱いです。

腹筋が弱いと腰の骨が安定しなくなり、余計な力が入ったりして疲れがたまってきます。

しかし、お腹に力を入れて腹圧を高めることで、筋肉がコルセットのように働き、腰が安定するため腰痛を抑えることができます。


④定期的に体を伸ばす

長時間同じ姿勢で仕事していると筋肉が固まってしまいます。

固まった状態で体を動かすと関節にかなりの負担をかけてしまい、ねじったり屈んだりした拍子に痛めてしまいます。

なので、同じ姿勢で仕事をするのであれば、1時間ごとに体を伸ばしてリフレッシュさせる必要があります。

こうすることで筋肉が固くなるのを防ぐことができ、腰痛になりにくくなります。



腰痛にならないための予防法

先ほどは仕事中における腰痛の対策でしたが、次は腰痛になりにくくする予防法を紹介していきます


①腹筋トレーニング

対策でも説明しましたが、腹筋が弱いと腰が安定しないので腰痛になりやすいです。

そのため、腹圧を高めるためにも腹筋のトレーニングをしていきましょう。


②太もも、おしりのストレッチ

太ももとおしりの筋肉は骨盤のバランスと股関節の動きに大きく関わってきます。

特に股関節が固くなると、体を動かすときに股関節を使うところを腰で使うようになってしまい、よけいな疲労がたまり腰痛になってしまいます。

そのため、太ももとおしりの筋肉はしっかり伸ばしていきましょう。


③スクワット

腰痛になりやすい原因に不安定な膝の関節が考えられます。

膝は体を安定させる関節なのですが、不安定になると体を支えるのに腰で膝のかわりをすることがあります。

そうなると腰の筋肉の働く量が多くなるため疲れやすくなり腰痛を引き起こします。

なので、スクワットで筋力と関節を強化していくことは腰痛の予防につながります。



以上腰痛の解消と対策について説明してきました

しかし、いくら仕事中の注意とセルフケアを行ったとしても、疲れがたまってくると対処できなくなります。

そのため仕事をしている限りは、定期的に体を整体でメンテナンスすることをおすすめします。

仕事を充実させるためだけでなく、プライベートを楽しむためにも腰痛ケアは必要です。

よしもと整体院では腰痛に対する施術以外にも、仕事や日常動作におけるアドバイスや、腰痛予防のためのトレーニング方法の指導も行っています。

定期的に腰痛ケアをすることで、仕事とプライベート両方を充実させることができます。

あなたが腰痛でお悩みであるなら、ぜひ塚口のよしもと整体院にお越しください!


よしもと整体院(尼崎市南塚口町)|エキテン (ekiten.jp)

NEW

  • 塚口の整体院ならよしもと整体院へ【デスクワークにおすすめ】

    query_builder 2021/11/29
  • 塚口の整体でガチガチの肩こりがスッキリ改善【よしもと整体院】

    query_builder 2021/11/26
  • 塚口の整体で体をほぐせば頭痛が軽減【よしもと整体院】

    query_builder 2021/11/23
  • 塚口で猫背を改善する整体は【よしもと整体院】がオススメ

    query_builder 2021/11/17
  • 塚口の整体であなたにおすすめな【よしもと整体院】の特徴

    query_builder 2021/11/12

CATEGORY

ARCHIVE