整体でデスクワーク疲れを簡単予防【塚口/よしもと整体院】

query_builder 2021/11/04
各症状について
肩こり (2)

デスクワークが引き起こす問題点

あなたはデスクワークのせいでガンコな肩こりや腰痛で悩まされていませんか?

特にひどい場合だと寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなってしまいます。

そうなると疲労が取れなくなって、つらい毎日を送らないといけなくなってしまいます。

そのため、毎日のデスクワークで疲れをためたくないですよね。

そこで今回、デスクワークからくる肩こりや腰痛の予防を簡単にできる取り組みを紹介していきます。

どれもすぐに試せますのでこの記事を読み終わったら取り組んでみてください。




4つのデスクワーク疲労予防策


①パソコンの高さを調節

あなたは仕事でノートパソコンを使用していますか?

もしそうならすぐにでもを置く位置を高くして調節してください。

デスクにそのまま置いて使用している場合、目線が斜め下にいくため頭が前のめりになってしまいます。

頭は前に行けば行くほど首肩にかかる負荷が大きくなります。

そのため、まずはじめにパソコンの位置を目線が下がらない位置まで高くしましょう。

そうすると肩首の負担が減り仕事中の疲れ方がだいぶ変わってきます。


②1時間ごとに立ち上がる

デスクワークだと長時間じっとしていることがほとんどですよね。

しかし、じっとしている時間が長ければ長いほど筋肉が縮こまってきます。

その縮こまった体の状態で体を動かすと筋を痛めやすくなるため、結果腰痛になりやすくなります。

さらに、人間の体の構造上、イスに座っている姿勢は腰の骨に圧力をかけてしまいます。

そのため、デスクワークは腰痛になりやすくなります。

それを予防するには、1時間ごとに立ち上がって体を動かしましょう。

立っている時の方が腰の骨の圧力が弱く、動いて筋肉が固まらないようにすれば、腰痛になるリスクはグッと下がります。


③貧乏ゆすり

長時間座っていると足元に血液が集中してしまいます。

そうなるとむくみが生じて足がだるくなってしまいます。

その解消法として効果的なのが貧乏ゆすりです。

最近だと健康ゆすりと呼ばれることもあります。

貧乏ゆすりをするとふくらはぎの筋肉が伸び縮みします。

ふくらはぎの筋肉は伸び縮みすると、足の血液を心臓へ押し戻すポンプの役割を果たします。

そのため血行が促され、足のむくみが解消されます。


④目を休める

パソコンの画面を見続けると光のせいで目が疲れてきます。

目が疲れてくると頭や首の筋肉が緊張してきます。

頭や首は筋膜で全身とつながっているため、緊張すると全身に影響を及ぼします。

そのため、目を仕事の合間で休憩させましょう。

10分~15分間、目を閉じる時間を作るとその日の疲れ方が変わってきます。

可能であれば目元を温める健康グッズを使ってリフレッシュさせましょう。


どうです、すぐにでも取り組めそうなことばかりですよね。

これらに取り組んでデスクワーク疲労からくる肩こりや腰痛を予防して不調で悩むことのない生活を送りましょう。




たまりすぎた疲労はよしもと整体院でケア

しかし、毎日働いていると予防をしていても疲れはたまっていくものです。

そんなときは、よしもと整体院へお越しください。

当院の施術は、デスクワークの方が体がスッキリして仕事に集中できるようになった、と好評の声をいただくことが多いです。

あなたが疲労を解消して仕事に集中できるようにしたい、とお考えであればどうぞご来院ください。

ご予約は下記リンクからどうぞ!

よしもと整体院(尼崎市南塚口町)|エキテン (ekiten.jp)


最後まで読んでいただきありがとうございました!

NEW

  • 塚口の整体院ならよしもと整体院へ【デスクワークにおすすめ】

    query_builder 2021/11/29
  • 塚口の整体でガチガチの肩こりがスッキリ改善【よしもと整体院】

    query_builder 2021/11/26
  • 塚口の整体で体をほぐせば頭痛が軽減【よしもと整体院】

    query_builder 2021/11/23
  • 塚口で猫背を改善する整体は【よしもと整体院】がオススメ

    query_builder 2021/11/17
  • 塚口の整体であなたにおすすめな【よしもと整体院】の特徴

    query_builder 2021/11/12

CATEGORY

ARCHIVE